自分の希望を不動産屋に伝える

自分の希望を不動産屋に伝える


自分の希望を不動産屋に伝える
"賃貸物件探しで最も重要なポイントが、自分の条件を決めて、妥協出来る範囲を予め決めておくことです。
ある意味で完璧な物件は無いという考えを持って物件探しをした方が良いかもしれませんね。不動産屋におきましては普通に条件を伝えれば問題無いと思っている人が多いことでしょう。
ただ単に条件を淡々と伝えるのではなく、どのような物件が理想なのかを広く伝えると良いでしょう。
不動産屋に入店をしますとまずは席に案内され、担当の営業の人から条件を聞いてきます。
貴方の条件が完全に決まっているのでしたら問題ありませんが、伝え方によっては良い物件を探してもらうことが出来なくなってしまいます。

あなたが自分の希望をそのまま担当者に伝えることで、その営業の人はなるべくその希望に近いものを紹介してくれることでしょう。
あまりにも条件が適当ですと、後になって後悔をしてしまうことになるので、しっかりと条件は伝えるようにしてください。"



自分の希望を不動産屋に伝えるブログ:20-6-17

減量というのは非常にシンプルです。
「食生活を適切なものにして、適度な運動をする」ことです。

しかし「言うは易し、行うは難し」で、
なかなか実行するのは難しいんですよね!

友人からお誘いがあれば、飲み会に付き合うことも必要ですし、
何かスケジュールが入れば、毎日の運動も難しい…

別に、減量中だからといっても、
毎日ストイックな生活が必要だというわけではありません。
時には息抜きも必要でしょうし、
減量第一の生活なんて、味気ないもんです!

しかし、
減量にとって良くないことをすれば反省も必要です。

そこであたしは、
「日記」をつけるようにしています。

日記には、自分がその日何を食べ、
運動したなら、
どのような運動をしたかということを書き留めています。

すると、ふとした時に日記を振りかえることができます。
「ああ、この日あたしはこんなに食べてたんだ」
「ちょっと今週は運動していないなぁ、来週は運動をしよう」

このように日記をつけることで、
未来への改善点や注意しなければならないことが見えてきます。

必ず毎日書き留める必要はありません。
気がついたとき、暇を見つけて
メモしておくことでも十分効果はあるはずですよ!

「毎日やらなければならない」
という意識が強すぎると、長続きしなくなることがあります。
これは、日記にしても減量にしても同じことです。

あまりにこういった意識が強くなってしまうと、
一度スルーしてしまったときに、ものすごく自己嫌悪に陥ります。
むしろ、長期間続けることこそが
減量にとっては大事なことなんですよね。

自分の希望を不動産屋に伝える

自分の希望を不動産屋に伝える

★メニュー

賃貸物件には敷金が当たり前
無駄では無い!?礼金の使われ方
基本2年間の契約期間
大手不動産屋の利点と欠点
フランチャイズ不動産屋は情報伝達が遅い
掘り出し物件を探すなら地域密着型の不動産屋
自分の希望を不動産屋に伝える
家賃の上限を変えるのは最終手段
窓などの方角は自分の目でチェック
防音設備の影響で届かない携帯電話の電波


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)僕も私も賃貸生活始めたい